探偵と警察の大きな違い

探偵と警察、両方とも調査を行いますが大きな違いがあります。探偵は民事の調査、警察は刑事事件の調査を行う仕事なのです。ですので殺人事件や傷害事件や窃盗などに関しては警察に頼ることになりますし、浮気の調査や人探しなど、法で裁くことのできない事柄に関しては民間の探偵の仕事の範囲になるのです。

失踪人の調査やストーカーの対策はどちらでもしていますが、探偵は警察が請け負ってくれないことの代行をしてくれるものだと思ってください。

探偵に依頼することのメリット・デメリット

例えばストーカー対策の場合は事件性がなければ動いてくれないことが多いですので探偵に依頼することになります。その他にも借金をしてそのまま逃げた人を探すのも探偵がしてくれるのです。

あと大きな違いは料金がかかるかかからないかにあります。探偵の場合は依頼者が依頼をすることによって調査をしてくれますのでお金がかかるのです。

あと精神的なものの違いとしては探偵のほうが相談しやすいというのはあります。基本的には依頼者の立場に立ってくれますので依頼者にとって不利になるような調査などはしません。サービス業ですので丁寧な対応をしてくれますし安心できます。

まずは近くの交番へ

どちらに依頼すればいいのかわからない場合にはまずは近くの交番などに相談をしてみてください。

ストーカー事件や失踪に関しては交番は気軽に相談できます。それでももしも依頼を受けてもらえないというのであれば自分で調査会社のほうに依頼するといいでしょう。

東京での浮気調査は離婚探偵へ!