企業間の莫大な規模での「企業信用」

企業間の莫大な規模での取引の場合、相手に対し企業信用がなければ取引を行えないというケースは往々にしてあります。しかし、ここで言う「企業信用」というのは経済活動における信用を指します。

例えばA社とB社が新規に提携しようとしたが、A社がB社の与信調査を行い、他の会社とも上手く付き合い金融事故も起こさなかった会社である、という結果と資料とを合せて判断をします。

また、このような決算内容を始めとする財務関係の他にも、代表者の素行や交遊関係の把握なども調査して、企業の将来が安定しているかどうかの判断材料とします。調査を行わずに取引を行い「企業の倒産」「合併、統合による消滅」などが発生してしまえば回収ができなくなります。自社の存続にも繋がってしまうのです。

探偵を雇う利点

調査は、企業側が自身で相手先の調査を行うか、探偵を雇うかの二通りの方法があります。とはいえ、このような調査を取引先の企業が表立って行えば相手先に不信感を抱かせる結果に繋がります。また、データバンクの企業情報も調査することは出来ますが、時間もなければ手法もわかりません。

ですので、現実的な目線で見ると探偵を雇う方法を選択したほうが良いでしょう。

リスク回避

このような調査は頻繁に行われておりますので、信用調査を請け負う探偵であれば、既に調査方法のノウハウを持っているのです。必要な調査項目を全て抑えてありますので、あれもこれもと慌てる事無く安心して任せる事ができます。調査結果はレポートとして探偵から企業側に送られてきて、これらの情報は誰にも知られることはありません。

探偵はお金がかかるとは言いますが、自身で調べるリスクや調べないリスクを回避できるという点において、探偵に調査を依頼することは決して高くはないのです。

東京での浮気調査は離婚探偵へ!