現在のGPSを使った尾行調査

探偵に素行調査をしますと尾行をしてくれますが、これは人ごみなどにターゲットが紛れ込んでしまいますと見失ってしまうリスクがあります。ですので今ではGPSを使うことが多いのです。

発信機をまずはターゲットに仕込んでおく必要があるのですが、これは大体依頼者が仕込みます。発信機は小さいものですので目立つことはありません。そっとポケットの中に入れて置いたりぬいぐるみやマスコットの中に入れておくこともあります。これを持ってターゲットが行動をしてくれますともしも尾行失敗してもどこにいるのか受信機によって調べることができるのです。

待ち伏せなどもしなくてもいいですので探偵に尾行されていると怪しまれることもまずありません。

GPSを使用した調査はプロにおまかせ

GPSを使った追跡をすることによって探偵にかかる料金もかなり少なくなるのがいいところです。

GPSの装置は探偵が持っていますので依頼者が用意する必要はありません。

この装置があれば依頼をしなくても自分でも追跡ができるのではと思うかも知れませんがそれをするとバレてしまいますのでプロに任せたほうがいいでしょう。顔を知られている人が追跡をすると見破られます。

GPSは普段は使わないポケットの中に

GPSはいつも使っているバッグの中などに入れておくといいでしょう、その中でも普段は使わないポケットの中に入れておくのがおすすめです。ばれてしまいますと捨てられてしまい、尾行は失敗になってしまいます。

今大手ではよく使われている方法でありこれで成功した例もたくさんあります。

東京での浮気調査は離婚探偵へ!